FC2ブログ

01月 « 2019年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走!

2018年 12月24日 22:50 (月)

今年も残り、クリスマスが終わったら、新年正月を迎えるだけになりましたね。

一年は、あっという間でした。

2018年も国内外で様々な出来事があり、今まさに世の中は変化の真っ最中ですね。


サイバー空間の防衛ということで、宇宙まで視野に入れる防衛軍なる言葉が聞かれるようになり、IOT技術で全てを繋いだネットワークの中で人間は生きて行く時代だということが、明確化して来た1年だったように思います。


各国の勢力図も徐々に変化し、米国を中国が猛追し、覇権争いが誰の目にもハッキリ見えてきた年でもありました。



しかし、私たちはこれらの派手派手しさのある変化の裏で、国民に最も身近で重要な事柄がこっそりと改正(改悪)されている現実に目を向けて行く必要があると思います。


先日、当ブログのコメント欄にも投稿された方がいましたが、『水道法改正』問題


生きていく上で一番大切な『水』の運営が民営化され、外資の介入により様々な弊害が生まれることが叫ばれています。

結構以前から警鐘は鳴らされていましたが、ついに日本でも、この日がやって来てしまったかという感じですね。


海外では民営化により様々な弊害が生まれ、世界各国で大問題となり、結局の再公営化し、元に戻すいう事例が多くなっている中、日本は今頃それに逆行するように、これから民営化の流れに入ります。


adedb6b9-s.jpg 

他に『種子法廃止』『産業競争力強化支援法』『漁協法改正』など諸々の問題があるのですが、そこのところを以前にもブログで紹介したことのある国際ジャーナリストの『堤未果』さんの著書『日本が売られる』に多くのことが書かれています。


売られる 


堤未果さんはこの『集団ストーカー』のような犯罪がある社会で、勇気ある告発、警鐘を鳴らしているジャーナリストの1人だと思います。

実際、ジャーナリストでもこの犯罪被害に遭っている人もいますから、本当に頭が下がる思いです。

海外では告発者が謎の死を遂げたり、突然病気で亡くなるなどの例がありますから、真実を伝えることが現代では如何に大変なことかが分かります。


ご主人はあの『薬害エイズ』で大学生の頃から自らの体験を交え活動し、現在は政治家として活躍されている『川田龍平氏』ですが、川田氏が学生時、薬害エイズでの街宣活動で「僕は国に殺されたくない!」と訴えていた時の映像が、当時報道されていたことを覚えている方もいると思います。


高橋清隆氏のブログから、10月に行われた『オールジャパン』のフォーラムでの川田氏のコメント部を引用させていただきますと


        国民の水や種を売る政治を告発 

     「私たちの命の源が危ない、-水・種子・食の安全を守ろう!-」


川田 

川田氏


「わたしも薬害エイズをやってきた関係で、命の問題は無視できないテーマ!」。

「日本のあらゆる慣例が、一気に次々と国民に知らされないまま壊されていっている。そうして法律になってから知らされてく状況が、マスコミによってもつくられている」と嘆いた。


 妻、堤未果氏の新著『日本が売られる』(幻冬舎)を手に、「産毛をむしり取られるように書いた本」と紹介。水が売られ、土が売られ、種が売られ、労働者が売られ、命を守れなくなっている。もっと多くの国民に知らせていきたい。一人ひとり、地方の人たちが立ち上がることで、変えていくことが必要。私も、阻止するために頑張りたい」

とのことだそうです。



集団ストーカー犯罪も国際的に各国で『国家犯罪』であることは認識されていますから、共感出来ますね。

というより、これらの事柄と集団ストーカー犯罪も繋がっているわけですが・・・。


今、世界を席巻しているNWO、グローバル資本グループの身勝手な狂った思想のもとで進められているこれらの悪事ですが(本人達は悪いと思っていないかもしれませんが・・・)、それに抵抗する人たちの鬩ぎ合いが、今の混沌とした世界情勢ということですね。

まあ、実際にはかなり複雑に色々な利害が絡んでいるようなので、一筋縄ではいかない状況だそうですが・・・。



ぜひ、集団ストーカー(やりすぎ防犯パトロール)被害者の方で、余裕のある方は堤未果さんの著書に目を通されて見て下さい。

またこの被害とは関係のないブログを閲覧しただけの一般の方も、一読されることをお勧めいたします。


もちろん、堤未果さん以外にもこれらのことを告発されている識者等もいますので、多くの人たちがまず興味を持っていただければ、未来は少しづつ良い方向に向かうものと思います!。



ということで話はこの辺りで終わりです。

2018年の締めの忘年会も済ませまして、あとは新年を待つだけです。


来年は世界も日本もさらなる激動の年になると思いますが、皆さんもどうぞ良い年をお迎え下さい。

本年もありがとうございました。


ではでは、また来年!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2018年12月25日 17:28

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本がうられる

2019年02月08日 16:34

昨年読ませていただきました。私は政治に無関心なまま還暦もずっと過ぎました。父親は熱心な社会党員でしたが兄が学生時に統合失調症母親も同じでした。今考えてみれば子供の頃から回りの状況が不思議なことばかりでした。父親の代から攻撃されていたのではと思うこの頃です。戦争の怨みか列車事故を弁護したこと。国ぞくとの立場に放り込まれたと理解します。兄も被害者です。監視する側も憐れな人たちに思います。




Re: 日本がうられる

2019年02月09日 21:37

かなり長い年月、被害に遭っている方もいます。

昔は一部の方だけがターゲットでしたが、現在はいつ誰がターゲットにされても不思議がない状態ですね。

加害者達はもう『人』ではなくなっているでしょうし、ある意味『憐れ』と言えるのかもしれません。


ただ被害者は一概に『不幸』とも言えない側面もあり、社会のシステムが知らぬ間にどんどん変えられていることに気づいていない人達と比べれば、まだ気づけています。

被害に遭うことは嬉しいことではないですが、『知る』ということにおいてはマイナスではない面もあります。
体験を実際にすればリアルタイムでそれが解るわけですから。




> 昨年読ませていただきました。私は政治に無関心なまま還暦もずっと過ぎました。父親は熱心な社会党員でしたが兄が学生時に統合失調症母親も同じでした。今考えてみれば子供の頃から回りの状況が不思議なことばかりでした。父親の代から攻撃されていたのではと思うこの頃です。戦争の怨みか列車事故を弁護したこと。国ぞくとの立場に放り込まれたと理解します。兄も被害者です。監視する側も憐れな人たちに思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。